勉強法

地方上級・国家一般・国家専門職の勉強法。文章理解編。

こんにちは。管理人のhydeです。

 

 

今回は、地方上級・国家一般・専門職の勉強法について紹介します。

 

 

ちなみに、自慢ではないですが、私は某有名公務員予備校の模試で全国四位を達成しています。勉強法には自信があります。

 

 

その中でも、まずは本番で真っ先に当たる存在である文章理解について、攻略法を話していきましょう。

 

 

 文章理解(現代文)の難点。それは、本を読めば読むほど逆に解くのが難しくなる!?

 

 

文章理解、現代文の何が嫌って、まぁ受験の時からそうなんですけど、本を読んでいたり、論文や文章を読むのに慣れていたりしても解くスキルが上がるわけではありません。(文章を読む速度は速くなりますが)

 

これ、ただのパズルゲームみたいなもので、文章の中から該当する箇所を見つけるだけの作業なんですよね。だから、最もらしい文章だと間違っているケースが多いです。(要旨把握はまた別です。最近はあまり見かけない気がしますけど)

 

 

なので、この作者が何が言いたいんだろう?とか真面目な人程ドツボにはまります。ただのテクニックです。ぶっちゃけこれができたからってなんの教養も身につかないw

 

 

数的推理とかと同じで、本当現代文とは名ばかりで数学の方が近いんじゃないかと思うぐらい、一般教養があるからといって解けるとは限りません。むしろ、その教養が問題を解く、という意味では目を曇らせる可能性すらあります。

 

 

とりあえず、過去問を解いて慣れましょう。

 

 

オススメの教材はこちら。

 

スーパー過去問。これさえ、あれば文章理解(現代文)は間違いないでしょう。

 

 

正直、攻略法とか仰々しく書きましたが、現代文に関してはあまり攻略法もくそもなく数をこなすのが最短です。ただ、また次回記事にしますが、ある程度テクニックが存在します。

 

 

ただ、普段から文章を読みなれておかないと、6問もあるので厳しいです。読むのが遅いと普通に時間が足りないですね。また、漢字の読みとか、熟語や慣用句の意味とか、そういった事も最低限は身につけておきたいです。

 

 

受験でやっていますし、大学でも論文を読んだり、テキストを読んだと思うので大丈夫だとは思うのですが、転職で「最近あんま文章読んでねーな」という人は注意してください。

 

 

 英語、攻略のテクニックとは!?

 

これも、慣れですね←

 

 

おい、記事いらねーだろwww

 

 

とか、思わないでください。実際、こなす回数が重要です。特に英文は普段読んでいないと読むスピードが遅く使い物になりません。

 

 

ツイッターをやっている方なら、まずはトランプ大統領をフォローしてみましょう。あとは英検二級単語とか、TOEIC800点例文とか、そんなアカウントが存在するので、フォローしてみてください。

 

 

タイムラインをみて、ツイッターを満喫しているうちに自然と勉強になります。

 

 

あとは、単語帳もばかにはなりません。詳しくは、以下の本に書いてあることなので詳細は伏せますが、科学で証明された勉強法が単語帳をある一定の法則に従って繰り返し覚えることだそうです。

 

 

 

これはいいですよ。

 

正直、2000円ぐらいの本ならぱっと買って読んでしまいましょう。図書館に行って借りるよりも、買った方が払った分の額を回収しようという状態に脳がなるので、「覚悟」の代金として払ってみて下さい。

 

 

100冊読んでも20万円。公務員になった時のリターンを考えれば、割の良い先行投資と言えます。もし、滑って一年を無駄にすればもっとマイナスになりますから。単純に年収300万円としたら、300万円の損ですからね。正式な計算をすれば、もっと高い損失が導き出されるわけですが……。

 

 

だから、本ぐらいは惜しまずに買いましょう。しかし、問題集はあまりフラフラいろんな物を買うのはおすすめしません。同じものを何回も解きましょう。上にある「スーパー過去問」だけで十分です。

 

 

……すいません。話題が逸れました。

 

 

とにかく、英語は単語を覚えてなんぼ、早く読めてなんぼなので慣れましょう。現代文以上に慣れましょう。全く結果が異なってきます。

 

 

ただ、慣れれば現代文よりも簡単。なぜなら、大学受験の英語よりも簡単だからです。

 

 

5択なんですが、その5択が文章の順番通りに並んでいます。どこに重要キーワードがあるのか後に参照しやすいです。

 

 

なので、怖気ずくことはありません。はっきり言って、得点源科目です。

 

 

ただ、本当に何度も口を酸っぱくしていいますが、継続して英文に目をならせておくのが重要です。

 

 

しかも、現代文は直前に解き方やテクニックを覚えるだけで、普段ある程度新聞や本を読む方なら解けます。なんだかんだ、日ごろからみなさん何かしらの文章には目を通しているはずです。

 

 

しかし、英文は、そうはいきません。普段から普通に英文を読んでいる、という人はよほど特殊でない限りは少ないと思いますので、日々の修練が大事になってきます。脳をならし、目の前の英文は重要な情報なんだ、と認識させておく必要があります。

 

 

数的推理と同様、真っ先に勉強に取り掛かるべき科目は英語です。とにかく慣れです。

 

 

慣れてしまえば、得点源。しかも、また記事にしますが、現代文と同じテクニックで外れの選択肢が分かる場合も多いです。

 

 

是非、嫌だからといって後回しにしないようにしましょう。おすすめは、ツイッターのアカウントのフォロー、好きな映画を英文字幕で見る、メジャーリーグが好きならメジャーの公式サイトを見てみる、といった日常にさりげなく取り入れられることです。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、ブログを設立。

新型コロナ問題だけではなく、これから少子高齢化が進む日本の経済はどんどん縮小し、パイが少なくなっていきます。
公務員試験に早めに受かりましょう。
大変動の時代に安定した給与と地位はあなたとあなたの周りの人を幸せにします。

是非、私のnoteを使って確実に合格してください!(怪しい情報商材ではありません)
大手公務員模試全国3位、国家総合職筆記を通り抜けた私が教える勉強法と、元ひきこもりが大逆転した面接対策、採用されるための行動、そして実際に公務員になって知った公務員面接試験の裏側を暴露しています。

こちらからどうぞ