公務員の待遇

何故、転職で公務員を選ぶべきか。合理的な理由。

こんにちは、管理人のhydeです。今回もよろしくお願いします。

 

 

本日は、何故転職で公務員を選ぶべきか、について語っていこうと思います。

 

 第一の理由。建前主義の形式主義なので、実力が反映される世界ではない。

 

 

あなたは、もしフリーランスになった時に、稼いでいく自信はあるでしょうか。……なかなか、これに「YES」と返答するのは難しいですよね。そこまで、自分に自信が持てる人間ならば、大方何をやってもそれなりに結果が残せるはずです。

 

 

転職を考えているということは、少なかれ自分の実力にも疑問を覚えている部分もあることでしょう。もちろん、条件面や人間関係での不満も多くあるでしょうが。

 

 

あなたが、何故転職したいと考えているか理由は分かりません。正直に申し上げると、自分の実力に今の環境はふさわしくない、もっと自分の実力が発揮できる環境に行って自己実現したい、給料を上げたい。そんな考え方の人にはなかなかオススメできませんが……。

 

 

しかし、ほとんどの人はそうでないと思います。社会に出てつまづいたと感じる人も多いんじゃないでしょうか。自分の実力で出世が見込めるのか、こんなノルマの中でずっとやっていけるのか、そんな風に不安を感じることでしょう。

 

 

しかし、そんな人こそ公務員はオススメです。(国家総合職を除きます。これは、出世コースに乗る人はわずかで、残りは出向や天下りさせられます。かなり、実力主義な世界です)

 

 

今なお年功序列を崩していません。年数がたてば自然と上に上がっていきます。ごく一部、出世街道に乗る人もいるでしょうが、民間と比べてもそこまでそうでない人と給与の差が生まれてくるわけではありません。

 

 

それは、公務員が利益至上主義でないことに関係します。

 

 

例えば、民間だと利益が出ないと、給料も出すことができません。なので、どうしてもシビアに利益を出すようあの手この手で圧力をかけてきます。

 

 

特に、あまり経常利益が出ていない企業は社員に厳しいはずです。前にも述べていますが、利益を上げないとつぶれてしまうのが民間企業です。

 

 

なので、パワハラを使っても人を働かせようとするはずです。特に、ノルマがある部署だと悲惨ですね。誰ができていないか一目瞭然ですから。

 

 

特に、営業や飲食店、販売業、サービス業なんかはブラックで、人当たりも厳しいイメージがあると思います。それはなぜかというと、人の労働する力を徹底的に引き出すことで、利益が上がるからですね。

 

 

機械によって生産性が左右される製造業なら人間の労働量もある程度は決まってきますが、それに対して、人を使えば使うほど利益が生じる、つまり人的資源が主な業種は本当過酷だと思います。特に、もう効率的に人を動かす方法って科学的には大体出尽くしてるので……もう鞭を使いまくって人を動かすしか方法がないわけなんですよね。

 

 

なので、公務員は利益重視ではないので、その点きついきついパワハラはないと思います。

 

 

……これ言っていいことなのか分からないですが、もしパワハラを食らっても休職しても全額給料がでるのが公務員。本当恵まれた環境なんですよね。普通のところだと、傷病手当金といって普通の給与の三分の二しかもらえません。加えて、そもそも休職させてもらえるかどうかすら怪しいところもありますね。残念な話ですが……。

 

 

そして、メンタル弱い人にとっては朗報なのが、建前主義の空気が漂っていることですね。これの何がいいの?と思われるかもしれませんが、本音で話すと軋轢を生む場合が多いですよね。人と人って基本的に考え方が合わないことだらけです。

 

 

いわゆる「ゆるふわ」というのは、建前主義から生まれます。みんなゆったりと、そしてその企業で骨をうずめたいので、本音で話してぎすぎすすることは避けたがります。自分が悪者にはなりたくないですからね。

 

 

よくも悪くも日本的な社会なのですが、そのおかげで本音で厳しいことをズバズバ言われることはそこまでないはずです。ただ、あなたも仕事のできない上司に対してよいしょしないといけないのは覚えておいてくださいw

 2、民間を経験していると、非常に仕事が楽に思える。

 

正直、前項と被っていると言えば被っているのですが、一度民間を経験したあとに公務員へ転職すると楽なようです。特に、がつがつ利益を求めずにすみますしね。

 

 

私も税務署でアルバイト等したことがあるのですが、その時民間のアルバイトとめちゃくちゃ差があってびっくりしました。すごい楽なんです(笑) 三時のおやつもでてきますしねww

 

 

実際、働き始めてからも、厳しいこともそりゃ当然ありましたが、おおむね新卒で就職した会社よりも楽です。

 

 

新卒で営業をしていた頃は、ノルマが厳しく、ノルマを達成できなければ容赦ないパワハラの雨が下りました。そして、本音主義な現場なので(実力次第の現場にありがちですね)いじり方もキツいし、品が無いし、お金を借りたら返さないし……いろいろクソでした(笑)

 

 

実力主義で、ノルマ達成すれば給料もかなり増えるとかならいいんですけどね……そういうわけでも無かったので、転職を決意しました。

 

 

みなさんも、是非公務員でゆるふわな暮らししてみませんか? 時間はありますし、余裕は生まれますし、女性は寄ってくるし、いいことだらけですよ(笑)

 

 

是非、貯めた給料で予備校へ行き、受験しましょう!失敗して経歴に穴をあけると……ちょっとやばいんで(笑)

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 オススメは国家公務員の「国税専門官」か「国家一般職」。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 その後国家公務員を期間を経て退職。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、そして1人でも「公務員」という地位を手に入れて幸せになる人を増やすためブログを設立。 低賃金にあえぐ現在の日本で公務員は相対的に「お金持ち」。これから日本でも解雇が当たり前になれば、更に価値は増すでしょう。 今のうちに勉強に投資して、人生を豊かにしてください!
公務員試験攻略メルマガサービス開始のお知らせ
ブログでは書きづらい公務員試験攻略のためのメルマガをご用意しました。

ちなみに読み進めていただくと、特典で「マル秘就活用のPDF」を差し上げます。(条件にあてはまる方のみ、ちなみに1000円で販売していたものです)

少子高齢化で経済が縮小し、コロナ禍で更に打撃を受けている日本において公務員の地位は今や「特権」。

このメルマガを読んでぜひ合格し採用されてください。

また、こちらから私の連絡先もわかるので是非ご質問・ご相談がある方はお答えいたしますのでよろしくお願いします。

公務員試験コンサル 読者登録フォーム