勉強法

地方公務員になろうと思うあなた、B日程、C日程は地獄の難易度ですよ?

本日は地方公務員になろうとしている方への記事です。

公務員試験を受ける時にハードルとなるのが、難しい筆記試験ですよね。

本当、何科目あるんだよ、とめちゃくちゃ萎えてきます。普通に勉強中にイラついてきます。

何か抜け道はないか、と探してもない。模試を受けてみても全然結果が伴わない。

はぁ、受験自体もうやめようかな、いや教養試験だけなら楽だし地方のB、C日程を受けるかと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、結論として何となくB日程、C日程を受けるのは非推奨です。以下に理由を述べています。

B、C日程を中途半端に受験するぐらいなら、民間のホワイト企業を狙った方がいいかもしれないですね。

大手企業もそうですが、意外と中小企業でもホワイトは普通にあります。

隠れたホワイト企業の選び方はこちらで述べています。本当に自分も学生時代に知りたかった内容ですね。

国税専門官で財務諸表を読めるようになってから気付いた珠玉の内容になっています。

ホワイトで公務員並みの待遇を受けるもよし、やはり公務員がよくて勉強したいと思っても働きながらの勉強が可能です。

専門試験を受けたくない人が通る道。それは市役所などB、C日程。

 

専門科目ありでも割と合格率が高いのが国税専門官。その魅力について紹介しています。

ぜひ、合わせてお読みください。

それは、地方公務員のB,C日程です。あれ、専門試験必要じゃないじゃん、記述式試験も必要じゃないなとなって……。

何だはじめから、B、C日程でいいじゃん、となるかと思います。

……しかし、それでいいんでしょうか。厳しく言えばそれは「逃げ」の選択肢です。

周りに公務員試験を受ける、と言ってしまった反面、取り下げられない。

しかし、専門試験もある地方上級や国家一般・専門職を受けるには、学力も根性も足りない。

だから、落としどころとして、B、C日程を受けようとしているのではないですか。

ちゃんと「勝てる」理屈があるのであれば、問題ありません。

しかし、私がなぜこんな厳しい言い方をするかというと、安易に逃げ込むには厳しい道だからです。

はっきり言いましょう。地方上級試験よりも、中級以下の方が圧倒的に難しいです。

何故かというのをこれから語っていきましょう。

 教養試験しか課されないのは、プラスではなく、マイナス。

 


B日程、C日程に合格したい方は確実に公務員講座に申し込んでみて下さい。

面接対策がとにかく重要になってきます。

1年、もしくは一生を棒に振らないように情報や面接対策は重要です。

いやいや、楽だからこっちの方がいいだろ、と言う方。いや、それははっきり言って浅はかです。公務員試験を他人との競争、枠の獲得をし合うのだと考えていません。

確かに、筆記試験は合格点を取れればよく、自分との闘いであると言えるかもしれません。

しかし、それはフィールドによります。

大学受験や、合格者の多い国家一般職や国税専門官ならば、そうとも言えるでしょう。

筆記の点数が合格に直結しているのが大学受験ですし、国家一般や専門職は面接試験より筆記試験に比重が置かれています。

しかし、地方中級以下は、中堅都市もしくは小さな都市が対象となる試験です。枠はかなり少ないです。その中で、自分を差別化するのは至難のもの。

しかも、専門試験は下手すれば満点を取ることもあり得るかもしれません。

多くても10科目な上に、はじめは難しいですが、憲法や行政法、経済といった満点を期待できる科目が存在します。

対して、教養科目ははっきり言って本当に難しいです。

教養というだけあって、基礎力が重要になります。数的処理などはひらめきや経験が重要になりますし、文章理解も読解力が求められ、知識を覚えればいいというものではありません。

加えて、数学、物理や、日本史、地理、生物といった一問しか出ない科目が足を引っ張ります。

正直、すべてを勉強しきることは難しいですし、そんな時間はありません。

まさに、元々勉強をずっと頑張ってきた人しか難しい。30点以上を取るのは、至難の業でしょう。

専門科目や、教養、専門記述があれば、基礎力がなくても問題次第で逆転が起きます。しかし、教養試験だけだと難しい。

管理人が公務員試験に合格した時も、教養は22点ぐらいしか取れませんでした。

その代わり、専門試験を頑張って30点近く取りました。

はっきり言って、教養試験はコスパ悪いです。いくら勉強してもなかなか点数が伸びてきません。

 そして、面接の倍率がめちゃくちゃ高くて難易度Sクラス。

 

あえて面接対策に特化して、筆記試験は最低限とするやり方も割り切っていればありです。

その方法についての考察はこちらからどうぞ。

筆記試験重視から、人物重視に切り替わっているのが昨今の公務員試験です。筆記試験集中よりも、人間力を磨くことが最短になる可能性もあります。

本題です。

正直、これが一番キツい。倍率がめちゃくちゃ高いです。

しかも、筆記試験の点数が持ち越されず、最終的には面接の点数のみで採用が決められる仕組みの所も多いです。

これが、一番厳しいですよね。公務員試験のメリットを明確に打ち消しています。

勉強ができれば、ある程度面接を多めに見てくれるのが公務員試験。

最近は、人物試験もかなり難しくなっているとはいえ、一流企業ほどではありません。

国家に至っては一度の面接15分で最終合格を決めます(かといって、採用ではないので、そこで少しはバランスが取れているのかもしれませんが……)

そのメリットを打ち消してしまう地方の仕組みは正直どうなのかな、とは思います。

これに関しては、地方上級も同じ仕組みではありますが、専門試験がある分、勉強していない人の足切りも多いのでメリットはあります。

その点、確かに転勤は少ないorないという、入ってからの最大のメリットがあるわけですが。

国家一般職や地方上級、国税専門官は勉強するのが面倒くさい、という方はとにかくにんじんを使って自分を鼓舞しましょう。

例えば、国税専門官ならこんなメリットがありますよ。

 C日程に至っては、本当に採用があるのかどうかすら疑わしい。

 

B日程の中堅都市なら、まだ採用人数が明確に記されているので、それに反することはないはずです。

しかし、C日程の田舎の都市では、なんと採用が「若干名」というとるのかとらないのか不透明すぎる名称が使われています。

さすがに今の時代コネは無いと信じたいですがね……そうとはいえ、気に入った人物がいなければ、今年は採用なし!で切り上げても、「若干名」なので問題ありません。

嘘はついていないですからね。

本当に公正な試験をしているか、そこから疑わないといけないのが悲しいところ。

以上、B、C日程は厳しいよ、という話でした。

よほど、筆記と面接力に自信がなければ避けた方が無難です。数十倍の倍率が当たり前だったりします。

まとめ、地方上級、国家一般職、国家専門職を選ぶが吉。

 

基本的には、地方上級・国家一般職をオススメします。

このブログでは、国税専門官と国家一般職の官庁の一つである労働局を主にオススメしています。

給料や待遇は国税専門官、ある地域に留まりたいなら労働局が良いでしょう。

労働局の紹介はこちらの記事から。

是非合わせてお読みください。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、ブログを設立。

新型コロナ問題だけではなく、これから少子高齢化が進む日本の経済はどんどん縮小し、パイが少なくなっていきます。
公務員試験に早めに受かりましょう。
大変動の時代に安定した給与と地位はあなたとあなたの周りの人を幸せにします。

是非、私のnoteを使って確実に合格してください!(怪しい情報商材ではありません)
大手公務員模試全国3位、国家総合職筆記を通り抜けた私が教える勉強法と、元ひきこもりが大逆転した面接対策、採用されるための行動、そして実際に公務員になって知った公務員面接試験の裏側を暴露しています。

こちらからどうぞ