社会人から公務員へ転職

社会人から公務員へ転職の難易度。経験者採用よりも大卒枠が簡単。予備校に通うべき?

こんにちは、hydeです。

 

今回は社会人で民間から公務員へ転職したいと思う方への記事です。

 

民間から公務員へなりたい場合、年齢制限に到達していない年齢ならば大卒採用枠での転職を狙いましょう。

 

何故かというのはこれから語りたいと思います。

 民間から公務員への転職。そもそも、これ自体どうなの?

 

民間から公務員への転職自体は、プラスにもマイナスにもなりません。

 

しかし、団塊の世代で詰まっていた上が空き、人数に空きが大量に出ていて各省庁は割と人数不足です。

 

特に30代中盤位の年代が団塊の世代が多すぎて採用枠が削られた世代です。

 

ここを欲しがっている自治体や官公庁は多いです。

 

ただし、面接では年齢相応の振る舞いや経験、能力を求められるのでそこは注意してくださいね。

 とはいえ、30歳以上の経験者採用は狭い枠。

 

経験者採用ですが、倍率がかなり高いです。加えて大卒程度の採用者の枠よりもかなり募集人数自体少ない。

 

かなり狭き門です。

 

正直、社会人をやりながら転職活動をすることになると思いますし、絶対に予備校には通っておきましょう。

 

教養試験しかなく、専門試験が無い場合が多い経験者採用試験ですが、逆に言えばそれほど教養試験に比重があるということですし、面接の重要性が増してきます。

 

特に論文は一人でやると正解かどうかわからないため、誰かに見てもらった方が良いでしょう。

 

ボーナス1回分の値段で予備校は通えるので、そこは30歳以上ならケチらず頑張りましょう。

 

働きながら勉強する、というのはそこまで甘いことではありません。誘惑に負けることも多いでしょう。

 

辞めて退路を断つのもありですがリスクがありますし、金銭的なリスクを取る方が賢明でしょう。

 

また、面接対策はしっかり行っておきましょう。ハローワークなどでも面接練習はやってもらえますが公務員用では当然ありません。(民間の仕事を紹介する場所ですからね)

 

予備校なら公務員用の面接対策もあるのでそこで何度も行ってください。

 

 20代なら経験者採用よりも、普通の大卒採用試験を受けよう。

 

やはり、普通の大卒程度の試験の方が門戸が広いのでオススメです。

 

ただし、専門試験がある場合が多いので対策はしっかりしておきましょう。

 

どちらにしろ教養、専門両方ありつつ論文もある場合は予備校に通った方が良いです。

 

教養試験しかなくて、残りが面接だけの自治体であれば予備校に通わなくても良いかもしれません。(ただし面接対策の自己分析だけは本気でやりましょう)

 

ただ、独学だとどうしても手に入れられない情報があったり、手に入れたとしても遠回りになり時間を消費してしまうので予備校に通う方が無難な選択しである、ということだけは伝えておきます。

それでも20代に予備校代をぽんと払えと言ってもなかなかそんなに貯金ってあるものじゃないですからね。

 

そういう場合は、奨学金のように予備校代も分割できるところもありますから、その制度を使いましょう。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、ブログを設立。

新型コロナ問題だけではなく、これから少子高齢化が進む日本の経済はどんどん縮小し、パイが少なくなっていきます。
公務員試験に早めに受かりましょう。
大変動の時代に安定した給与と地位はあなたとあなたの周りの人を幸せにします。

是非、私のnoteを使って確実に合格してください!(怪しい情報商材ではありません)
大手公務員模試全国3位、国家総合職筆記を通り抜けた私が教える勉強法と、元ひきこもりが大逆転した面接対策、採用されるための行動、そして実際に公務員になって知った公務員面接試験の裏側を暴露しています。

こちらからどうぞ