公務員の待遇

地方、国家公務員から民間へ転職は歓迎される。人気、年収を考えると退職は勿体ない?

こんにちは、普段は他の民間から公務員への転職について話している事が多い当サイトですが……

今回は公務員を退職して、民間へ転職するのはどうなのかという点について考えていきたいと思います。

公務員から民間への転職は厳しい、と耳にすることもあるでしょう。

しかし、結果としては難しくありません。むしろ、その経歴を歓迎されるケースの方が大きいでしょう。

(ただし、公務員と言ってもピンキリですし、勤続年数も大きく関係しますが)

しかし、転職自体は可能であってもどこか公務員を退職するのはもったいないという実態はあります。

転職市場での公務員の扱い、そしてそもそも転職するのにメリットがあるのかの2点について深堀りしていきたいと思います。

 公務員であった経歴は転職に有利に働くケースが多い。

 

先程も書きましたが、一つ断っておきます。

もちろん、入って三か月で退社したとなると全くケースは別になるのはご了承ください。

しっかりと入って何年も働いた上で、「公務員は何か違うな」となったケースとして想定をお願いします。

加えて、自衛隊、警察、消防の公安系や、教師、小さな自治体の職員といったケースと、地方上級・国家一般職・国家専門職以上の難易度の公務員であったケースはまた別例になりますね。

公安系だと入るのはそれほど難しくありませんが、続けるのはかなり難しいです。(実際退職者もかなり多い)

公安系は特に「しっかりと何年も勤続した」という事実が重要になります。

逆に、大卒程度以上の公務員採用試験、特に地上、国般、国専、国総であれば「採用された」という事実も大きく評価される可能性もあります。

それらは筆記試験の難易度も高いですし、面接試験の難易度も高いです。それに採用されるだけの実力を兼ね備えていると見られます。

また、その組織の風土に従って何年も勤務したという事実は「社会的な大きな信用」となって返ってくるでしょう。

実際、転職サイトに登録すれば担当者からひっきりなしに電話がかかってきます(笑)

やはり、人間性、一般常識は人並み以上だと見られます。難しい筆記試験を勝ち抜き、法律を駆使して業務に臨んでいれば教養もあると思われますね。

また、人に従う、空気を読んで忖度するというスキルは組織では必須です。それが身に備わっているということでプラス評価です。

しかし、マイナス点もありますね。

公務員は利益を求めている組織ではないので、仕事が緩い場合があります。

そこに浸りきって自分上げを怠っていると、いざ転職しようとしても全くスキルが無いことが見抜かれて不採用となるでしょう。

日々の業務でも小さな気付きを得て、自己分析を怠らないようにしてください。

 公務員を転職のために退職するのはもったいない?

 こちらの公務員はモテるかどうかという記事にも書きましたが……

2019年には日本を代表する大企業TOYOTAが「もう終身雇用は守れない」と宣言しました。

大企業ですら解雇される時代が到来しようとしています。

そんな中で国家、地方自治体に守られた公務員は終身雇用は絶対です。

既得権益を妨害しようとしても、日本の中枢を占めているのは国家総合職の公務員ですからなかなか変わることはないでしょう。

なので、よほど好きな仕事が見つかったとか、かなり良い条件の仕事があったとかでない限りは退職するのは一旦待った方が良いかもしれません。

2020年の東京オリンピックが終わったら景気も冷え込みそうですしね。

公務員であるメリットが大きく享受できるのはこれからです。

転職する前によく考えましょう。

人間関係の問題であれば、その場から逃げても同じ問題が追ってくる可能性が高いですしね。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 オススメは国家公務員の「国税専門官」か「国家一般職」。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 その後国家公務員を期間を経て退職。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、そして1人でも「公務員」という地位を手に入れて幸せになる人を増やすためブログを設立。 低賃金にあえぐ現在の日本で公務員は相対的に「お金持ち」。これから日本でも解雇が当たり前になれば、更に価値は増すでしょう。 今のうちに勉強に投資して、人生を豊かにしてください!
公務員試験攻略メルマガサービス開始のお知らせ
ブログでは書きづらい公務員試験攻略のためのメルマガをご用意しました。

ちなみに読み進めていただくと、特典で「マル秘就活用のPDF」を差し上げます。(条件にあてはまる方のみ、ちなみに1000円で販売していたものです)

少子高齢化で経済が縮小し、コロナ禍で更に打撃を受けている日本において公務員の地位は今や「特権」。

このメルマガを読んでぜひ合格し採用されてください。

また、こちらから私の連絡先もわかるので是非ご質問・ご相談がある方はお答えいたしますのでよろしくお願いします。

公務員試験コンサル 読者登録フォーム