公務員面接

「なぜ国家公務員なのか」という面接での質問。民間や地方でない理由、ベストの回答は?

こんにちは、再三このサイトでは「国税専門官」を筆頭に国家公務員になることをオススメしています。

その際によく聞かれる質問がこちらです。

 「なぜ地方公務員や民間企業ではなく国家公務員か」ということですね。

正直、国家専門職である国税専門官などは「専門の仕事」ですから答えが出しやすいでしょう。

絶対に国家専門職でしかできない仕事がありますからね。

志望した理由をきちんと答えられれば、他の公務員や民間との比較をそこまで洗い出さなくても問題ないでしょう。

ただし、国家一般職の場合はやや問題が起きます。

割と定番で二次面接で「なぜ国家なのか」というのは聞かれるからです。

私も聞かれました。

その際のベストな答えを考えていきたいと思います。

キーワードは、「国でしかできないことを語る」です。当たり前ですけどね。

また、何故民間ではなく公務員を志望したかという質問も、国家一般職、国家専門職どころか地方公務員でも聞かれるのでそれについても考えていきましょう。

 地方公務員ではなく国家公務員でしかできないことって?

 

正直、国家専門職は外交官、税務職員とかなので分かりやすいんですが……。

国家一般職ってそもそもどこの官庁に採用されるか分からないので、志望動機がぼんやり抽象的になりがちです。

希望の官庁をターゲットに志望動機を練り上げても良いですが、希望官庁に採用されるかどうかは正直全く分かりません。

このサイトでオススメしているハローワークなどを運営する「労働局」もあれば、麻薬取締官(!)といった職業まであるわけですね(笑)

これをひとまとめに考えろ、という方が無茶だと思うのですが……。

しかし、まとめて「国家一般職採用」となっているのでしょうがないんですよね。

麻薬取締とバックオフィスの業務で一緒の志望動機を考えろというのは笑えますが、とりあえず「国家公務員」全体へのぼんやりとした志望動機にしておきましょう。

でないと、「その希望官庁に採用されなかったらどうするの?」という質問が確実に面接官から飛んできます。

せめて、「国家公務員全体」への志望動機から述べて

面接官が「希望官庁とかありますか?」

と聞かれたら、はじめて希望官庁への志望動機を答えてみて下さい。3つの官庁分ぐらいは用意しておきましょう。

とりあえず見るだけでも、すべての官庁分のホームページ、仕事内容ぐらいは確認しておきましょう。

その知識が具体的な熱意として面接官に伝わるでしょう。

詳しい文章例についてはここでは明らかにしません。すいません。

そのままパクるとどちらにしろ不合格間違いないですし、お許しください。

 何故民間ではなく、公務員なのか?という質問。

 

これに関しては「住民」「国民」の方々へ、とかそういうのだと少し薄いです。

仕事をする上でなぜ公務員でないといけなかったのか、自分の価値観が公務員で最も貫けると思った、自分の強みが公務員で生かせると思ったエピソードついて考えましょう。

あくまで、自分の持つ経験や価値観、強みがどのように公務員(国家なら国家の業務)に生かせると思ったか。

そこが重要です。

正直単純な志望動機は面接官も大体みんな一緒なので聞き飽きています。

そこで自分の色を出すことによって、「あ、こいつはどうしても公務員でないと生かせない何かを持っているんだな」と思わせると勝ちです。

本人も仕事を楽しんで続けてくれると面接官も判断するでしょう。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 オススメは国家公務員の「国税専門官」か「国家一般職」。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 その後国家公務員を期間を経て退職。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、そして1人でも「公務員」という地位を手に入れて幸せになる人を増やすためブログを設立。 低賃金にあえぐ現在の日本で公務員は相対的に「お金持ち」。これから日本でも解雇が当たり前になれば、更に価値は増すでしょう。 今のうちに勉強に投資して、人生を豊かにしてください!
公務員試験攻略メルマガサービス開始のお知らせ
ブログでは書きづらい公務員試験攻略のためのメルマガをご用意しました。

ちなみに読み進めていただくと、特典で「マル秘就活用のPDF」を差し上げます。(条件にあてはまる方のみ、ちなみに1000円で販売していたものです)

少子高齢化で経済が縮小し、コロナ禍で更に打撃を受けている日本において公務員の地位は今や「特権」。

このメルマガを読んでぜひ合格し採用されてください。

また、こちらから私の連絡先もわかるので是非ご質問・ご相談がある方はお答えいたしますのでよろしくお願いします。

公務員試験コンサル 読者登録フォーム