国家一般職

国税専門官や国家一般職の学歴は?公務員試験は学歴より、超実力主義。

こんにちは、今回は国税専門官や国家一般職の学歴についての記事です。

結論から述べれば、学歴は関係ありません。

落ちた時に「俺は学歴が……」とか「経歴が……」という人はいますが、それはただ単に努力が足りなかったか、適正が無かった、もしくはやり方を間違えていたからです。

公務員試験の出願条件にあてはまるのであれば、筆記試験を通れば面接を受けられます。

面接も人事院面接であれば、大学名を宣言する必要はありませんし。大学名を面接カードに書く欄はありません。

最終合格までの道筋で学歴が反映される個所はないんです。公務員試験は公開試験なので、学歴で差別するのは無理です。

差別が発覚すれば、大スキャンダルになるでしょう。

なので、出願要件を満たしている方は安心してください。

ただし、実力主義であることは忘れないでください。

 結果的に高い学歴を持つ人は努力できる量が人よりもできるから、結局公務員になれるのは学歴が高い人が多い、となっているのは事実です。

不安な方は1年分の給料と時間を無駄にするよりも、予備校へ頼りましょう。LECは合格実績トップクラスでオススメです。

 日本の公務員試験は世界でもまれにみる実力主義。学歴、経歴が無くても本気で努力すれば合格する画期的システム。

 

日本の公務員試験は「超」実力主義です。

筆記試験と面接試験(あとは記述式など)ですべてが決まる試験であり、不合格だったとすれば見つめなおすは自分と自分のやり方のみです。

学歴と経歴については試験の出願条件(年齢など)を満たしている場合は問題ありません。

ただし、経歴について空白があったり、退職をしている場合はその理由に合理的な説明が必要です。

それができたのであれば、学歴、経歴は関係ありません。

むしろ、「どうせ俺はFラン大学だし……」などと卑屈なマインドを持っていると、面接試験で「この人は暗いな、コミュニケーション能力がないな」と落ちてしまうことも。

なかなか自分に自信を持て、と言われても難しいかもしれませんが、現実的にできる努力をして全力を試験にぶつけましょう。

他の国に比べてもかなり平等な試験です。

明治政府が出自などに囚われず優秀な人のみを採用したい、との方針で作った公務員試験の精神が今の時代まで徐々に時代に沿って形を変えつつも残っているわけですね。

 人事院面接を合格し最終合格。その後の採用までに少しだけ距離がある。国税なら志望局、国家一般職なら志望官庁。

 

人事院面接を合格し、公務員試験に最終合格までするのは非常に平等です。

しかし、そこから自分の好きな官庁であったり、好きな局に行きたいというのであればかなりの倍率があることは覚悟しましょう。

国税専門官に採用漏れしない方法についてはこちらからどうぞ。

国家一般職は本庁ならば人事院面接よりも難しい面接が課されることもあります。

地方の出先機関であればよほど適正が合わないとならない限りは採用されるとは思います。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、ブログを設立。

新型コロナ問題だけではなく、これから少子高齢化が進む日本の経済はどんどん縮小し、パイが少なくなっていきます。
公務員試験に早めに受かりましょう。
大変動の時代に安定した給与と地位はあなたとあなたの周りの人を幸せにします。

是非、私のnoteを使って確実に合格してください!(怪しい情報商材ではありません)
大手公務員模試全国3位、国家総合職筆記を通り抜けた私が教える勉強法と、元ひきこもりが大逆転した面接対策、採用されるための行動、そして実際に公務員になって知った公務員面接試験の裏側を暴露しています。

こちらからどうぞ