国家一般職

国家一般職の法務局は人気?転勤や仕事内容について。説明会や官庁訪問対策と倍率は?

こんにちは、今回は国家一般職の法務局についてレビューしていきたいと思います。

不動産などの登記、供託などなど一次試験の専門試験である民法でやった内容が職務内容なのが法務局の特徴です。

労働局同様窓口業務が多いので、面接では対人折衝の経験を主に効かれることになります。

全国8局の法務局があるのですが、どこもそれなりに人気です。大人気というほどではないですが、中の上ほどの人気があるので甘くないです。

出張所の数もそれなりにあるので、転勤はあります。

さて、詳しく述べていきましょう。

官庁訪問対策マニュアルはこちらからどうぞ。

法務局の転勤は?労働時間などホワイト度や人間関係はどう?

登記という仕事の関係上、会社の決算期にはいろいろと変動が多いのでかなり忙しくなるようですがそれ以外では出張所ではそんなに忙しくないようです。

定時で帰れるわけではないと思いますが、18時には帰れると思います。

人間関係は、割と良くも悪くも「古き良き公務員」像が国家公務員の中では残っている方ではありますね。

法務局の個別業務説明会や官庁訪問の対策法は?

 

個別業務説明会である程度志望者を絞っているのは法務局も同じです。

官庁訪問の対策として、集団討論をする場合があるので対策を取りましょう。

窓口業務なので接客の経験をアピールするエピソードを探しておきましょう。ストレス耐性の強さも問われるので、趣味や粘り強く物事を続けた経験を探しておきましょう。

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 オススメは国家公務員の「国税専門官」か「国家一般職」。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 その後国家公務員を期間を経て退職。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、そして1人でも「公務員」という地位を手に入れて幸せになる人を増やすためブログを設立。 低賃金にあえぐ現在の日本で公務員は相対的に「お金持ち」。これから日本でも解雇が当たり前になれば、更に価値は増すでしょう。 今のうちに勉強に投資して、人生を豊かにしてください!
公務員試験攻略メルマガサービス開始のお知らせ
ブログでは書きづらい公務員試験攻略のためのメルマガをご用意しました。

ちなみに読み進めていただくと、特典で「マル秘就活用のPDF」を差し上げます。(条件にあてはまる方のみ、ちなみに1000円で販売していたものです)

少子高齢化で経済が縮小し、コロナ禍で更に打撃を受けている日本において公務員の地位は今や「特権」。

このメルマガを読んでぜひ合格し採用されてください。

また、こちらから私の連絡先もわかるので是非ご質問・ご相談がある方はお答えいたしますのでよろしくお願いします。

公務員試験コンサル 読者登録フォーム