公務員人事・採用のホント

公務員試験で年齢制限ギリギリで合格、採用される?

こんにちは、今回は公務員試験で年齢制限ギリギリで採用されることがあるのかについてお話しします。

結論から述べますと、年齢制限ギリギリでも当然採用されます。実力次第です。

私は国税専門官時代の同期に年齢制限ギリギリの29歳で入庁された方がいらっしゃいました。なので、年齢制限ギリギリでも採用されているケースは普通にあります。

ただし、22歳の方と比べると人生経験があったり、何か差別化できる要素がないと同じ成績なら若い人を獲りたくなるのも人事の人情ではありますが。

 しかし、「年齢」を理由にして不採用になる方はいません。もし、そうであれば法律に則った公正な試験である公務員試験において大問題です。

ネット上では「年齢で落ちた」と言う方がいますが、実際は不採用理由は述べられないので本人が勝手に「年齢がいっているから無理だった」と思っている、もしくは厳しい言い方をすれば言い訳をしているにすぎません。

詳しく述べていきましょう。

 公務員試験は平等な試験。年齢制限さえ満たせばだれでも合格、採用される。

 

 序文でも書きましたが、公務員試験は地方、国家問わず平等な法律に則った試験です。

それまで人生の道に迷っていた方にも救済するという意味もゼロではありませんし、年齢や経歴関係なしに優秀な頭脳を持った方を採用するという官僚試験の本来の趣旨に沿った内容になっているのも理由です。

古代中国で生まれた制度ですが、経歴やコネクションに囚われるとろくな人材が入ってこなかったので、誰にも平等に同じ試験を課すことで採用する人材のレベルを上げたことから始まっています。

単純に母数が多ければ優秀な人が来る確率は高いですし、経歴や出自よりも試験を課すことで本当に実力を持った人材を採用できます。

なので、試験は平等であることが最も良い人材を採用する条件なんです。

年齢制限ギリギリでは公務員試験に合格、採用されるのは無理、という噂は真っ赤なウソです。

採用されなかったのは、的確な努力不足か、もしくは実力というよりも官庁やその地方がその時求めている人材像とは異なった、たったそれだけのことです。

努力不足なら筆記試験で落ちるはずなので、筆記試験を通った方は努力されていますし、そもそも求めている人材のイメージと違ったことが不採用の原因なので自分の実力不足を卑下する必要はありません。

官公庁が求めている人材に寄せていく方法については、別の記事か私が配信しているメールマガジンにてお教えします。

 公務員試験年齢制限ギリギリの受験生の面接対策は?

 

端的に言えば、年齢制限ギリギリであろうが新卒の方と面接対策はそこまで変わりません。

しかし、経歴によっては面接でつっこまれます。例えば、空白の期間があるとその理由をちゃんと説明しないといけません。

(ただし、理由を聞いているだけでこれは圧迫面接ではありません。面接官は納得のいく答えがほしいだけです)

聞かれたときにもごもごしてしまうと限りなくアウトに近い状態になってしまうので、模擬面接で聞かれても大丈夫なように慣れておきましょう。

別に年齢が上だからと言って特別な受け答えが必要なわけではありません。しっかりはきはきと答えられればOK。

ただし、そこではっきり答えられないと新卒の方なら「まだ若いし」で済むところが、マイナス点が大きくはなります。

面接対策にお悩みの方は、以下から面接や勉強対策にまつわるメールマガジンを創設したので是非登録してみてください。(もちろん無料です)

表では特定の可能性があるなど書けない情報を出しています。

コロナ禍や少子高齢化で貧乏になっていく日本の中で、公務員はクビもなく給与も相対的に高い素晴らしい仕事であり、地位です。(あの大企業トヨタですら終身雇用は無理だと公に述べている中、絶対クビにならないのは今後ますます価値が生まれていくでしょう)

ぜひ、お読みのあなたが立派な公務員として採用されることをお祈りしています!

ABOUT ME
hyde
元不登校・ひきこもり大学生が一念発起して国家公務員へ最終合格した方法やノウハウを語るブログ。 オススメは国家公務員の「国税専門官」か「国家一般職」。 採用漏れを経て、民間就職→国家公務員へ。 その後国家公務員を期間を経て退職。 私と同じ目にあう人を1人でも減らすため、そして1人でも「公務員」という地位を手に入れて幸せになる人を増やすためブログを設立。 低賃金にあえぐ現在の日本で公務員は相対的に「お金持ち」。これから日本でも解雇が当たり前になれば、更に価値は増すでしょう。 今のうちに勉強に投資して、人生を豊かにしてください!
公務員試験攻略メルマガサービス開始のお知らせ
ブログでは書きづらい公務員試験攻略のためのメルマガをご用意しました。

ちなみに読み進めていただくと、特典で「マル秘就活用のPDF」を差し上げます。(条件にあてはまる方のみ、ちなみに1000円で販売していたものです)

少子高齢化で経済が縮小し、コロナ禍で更に打撃を受けている日本において公務員の地位は今や「特権」。

このメルマガを読んでぜひ合格し採用されてください。

また、こちらから私の連絡先もわかるので是非ご質問・ご相談がある方はお答えいたしますのでよろしくお願いします。

公務員試験コンサル 読者登録フォーム